ここから本文です

福井にシビれた!不屈G倒 打球直撃なんの志願続投で直後に自ら二塁打

デイリースポーツ 8月25日(木)6時2分配信

 「巨人3-7広島」(24日、東京ドーム)

 広島の福井優也投手(28)が気合の投球で4勝目をマークした。五回に菅野の打球を右膝に受け、うずくまるアクシデント。一度はベンチに下がったが、続投して6回を5安打2失点に抑えた。2位・巨人との大事な一戦で背番号11が執念を見せ、マジック「20」を点灯させた。

 勝利への執念が粘りの投球を生んだ。6回5安打2失点。福井が右手で帽子を高々と掲げ、鯉党の歓声に応えた。「昨日、ジョンソンが負けたんでプレッシャーはありましたけど、試合をつくることだけを考えて投げることができた」と安どの表情を浮かべた。

 四回、阿部に右翼席へ特大の先制2ランを被弾。「菅野がすごい良かったので、ホームランを打たれた時に負けたと思った」と悪いイメージが頭をよぎったが、「これ以上点を入れられないように気合を入れました」と味方の援護を信じ、追加点を許さなかった。

 しかし五回にアクシデントが襲った。2死から菅野の打球がワンバウンドで右膝を強襲。マウンド上でうずくまった。自力で歩けず畝投手コーチらに肩を担がれながらベンチへ。「当たった瞬間は立てないと思った。でも、ベンチに下がってからは全然大丈夫でした」。数分の治療後、自ら志願し続投。先発としての覚悟を示した。

 打撃でもチームを奮起させた。1点を追う六回、右膝を負傷した直後にもかかわらず、先頭で菅野の外角低め148キロ直球に食らいついた。「打たれて、(打球を)当てられたから、何とかして塁に出てやろうと思った」。右中間を破る二塁打で、逆転勝利への口火を切った。

 前半戦は不調から1勝止まり。2軍で自らの投球を見直した。再昇格直前の7月22日のウエスタン・オリックス戦(由宇)から、黒田の投球を参考にしてプレートの踏む位置を三塁側から一塁側に変更。「(左打者の)内角へのツーシームを生かすように、近づいて投げるようにした」と新たな試みに手応えを感じている。

 「今まで通り、しっかりゲームをつくって勝ちに貢献したいと思います」。4勝目をつかんだ投手キャプテンが25年ぶりの悲願に向け、前に進む。

最終更新:8月25日(木)7時44分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]