ここから本文です

唯一のノーボギーだけど…香妻琴乃「わからない」とグリーンで苦悶

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月25日(木)19時51分配信

25日に開幕した国内女子ツアー「ニトリレディス」で香妻琴乃が1バーディ「71」(パー72)でプレーし、1アンダー9位とした。多くの選手が「難しい」と口を揃えた小樽CCでただ一人のノーボギを記録。「もうちょっと伸ばせた」と唇をかんだ。

北海道直送!「ニトリレディス」のフォトギャラリー

初日から厳しいピン位置で、出場120人の平均スコアは3オーバーを超えた。最難関となった16番(447yd/パー4)は、池越えとなるグリーン右に切られ、イ・ボミ(韓国)も池に落とすなど選手たちを苦しめた。香妻は207ydの2打目を3Wで7mに乗せ、2パットでしっかりパーをセーブした。

「ティショットが良くて、フェアウェイをキープできた」と納得のショットがボギーなしにつながった。表情を曇らせたのはパットだった。2014年には平均パット数で1位を記録したこともあるが、この日はアンダーパーで回った18人の中で一番多い「33」パット。「もうどうやって打っていたかわらからない」と苦笑いで白旗を掲げた。

今季は賞金ランク64位と厳しい戦いを強いられている。1つしかなかったバーディに悔いは残るが、難コースでのノーボギーは自信にもなった。調子も上向きで「最近は試合が楽しみになってきた」と笑顔を見せていた。(北海道小樽市/林洋平)

最終更新:8月25日(木)19時51分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)