ここから本文です

桐山漣が福士蒼汰の親友役で「曇天に笑う」出演、忍者の末裔演じる

映画ナタリー 8月25日(木)8時0分配信

福士蒼汰の主演作「曇天に笑う」に桐山漣が出演することが明らかになった。

本作は、明治維新後の滋賀・大津を舞台にしたアクションエンタテインメント。唐々煙の同名マンガを「幕が上がる」の本広克行が実写映画化する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

桐山が演じるのは、大けがを負って倒れていたところを福士扮する曇天火に助けられて以来、曇天三兄弟と生活をともにしている金城白子。明治新政府を潰そうと目論む風魔忍者の末裔であるが、一族から追われた経験を持つ影のあるキャラクターだ。桐山は「食事制限やトレーニング、アクションに必要なものを準備してきました。白子のどこか狂気で芯のある強さを意識して演らせてもらいました」とコメントを寄せている。

中山優馬、若山耀人、古川雄輝も出演する「曇天に笑う」は、2017年に全国公開。

※桐山漣の漣はさんずいに連が正式表記

桐山漣 コメント
原作、脚本の感想
原作から読ませていただいたのですが、すぐに世界に引き込まれました。登場人物ひとりひとりの生き様が余すことなく描かれていて、素敵な物語に携われることに鳥肌が立ちました。脚本は映画の骨組みとしてはシンプルでとても分かりやすかったです。300年に一度、古くからの言い伝えが現実になりつつある中で何が正義なのか、誰の目線でも観れる作品であるなと思いました。

本広克行の演出について
役の気持ちに寄り添って演出してくださるので、お芝居していく上でとても居心地がよかったです。クランクアップしたばかりですが、もうすでに曇天の撮影現場が恋しくもあります。

本作に対する手応え
まだ完成していないので、何ともコメントはできませんが、集中してこの役に身を捧げることができ、没頭できました。白子の心の動きの様がどう観ている人に伝わるか楽しみでなりません。

撮影現場の雰囲気について
キャスト陣が男性のみにもかかわらず、男臭くなく笑いの耐えない現場でした。特に三男のキラトが可愛くてだんだんと役を越えて本当の弟のような感覚にもなりました。

金城白子という役への意気込み
ある時は曇家の母のようであり、ある時は鋭く風魔らしい狂気的な面もあり、いろんな顔を持つ人。謎が多い役であると思いました。本当のところはどうなんだろう、台詞ひとつひとつを紐解いてくのが難しくもあり楽しくもありました。作品が決まってから誰よりも白子のことを考えてきたので、ご期待いただければと思います。

アクションについて
本作をやるにあたり食事制限やトレーニング、アクションに必要なものを準備してきました。白子のどこか狂気で芯のある強さを意識して演らせてもらいました。



(c)唐々煙/マッグガーデン

最終更新:8月25日(木)8時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。