ここから本文です

チャーリー・ハナム&レア・セドゥー、SFラブストーリーで共演

映画.com 8月25日(木)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 「パシフィック・リム」の英俳優チャーリー・ハナムと、「アデル、ブルーは熱い色」「007 スペクター」の仏女優レア・セドゥーが、タイトル未定の新作SFラブストーリーで共演すると、米ハリウッド・レポーターが報じている。

 同作は、「今日、キミに会えたら」「あなたとのキスまでの距離」のドレイク・ドレマス監督の次回作で、「ユニークなラブストーリー」ということ以外は明らかにされていない。リドリー・スコットの製作会社フリー・スコット・プロダクションがプロデュース、リッチ・グリーンバーグが脚本を務める。

 ハナムは、アーサー王役で主演したガイ・リッチー監督作「キング・アーサー レジェンド・オブ・ザ・ソード(原題)」が、2017年公開予定。一方、「パシフィック・リム」続編には出演しないと報じられている。

 セドゥーは、グザビエ・ドラン監督作「イッツ・オンリー・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド(英題)」が、17年2月11日の公開が決定している。

最終更新:8月25日(木)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。