ここから本文です

シュヴァインシュタイガー、マンUでチャンス待つ「準備はできている」

ISM 8月25日(木)12時3分配信

 MFバスティアン・シュヴァインシュタイガー(32)が、ヨーロッパのほかのクラブへの移籍を否定し、マンチェスターU(イングランド)でのプレー機会を待つと宣言した。

 昨夏にバイエルン(ドイツ)からマンUに加入したシュヴァインシュタイガー。昨シーズンも苦しんだが、今季はジョゼ・モウリーニョ新監督のもと出場機会が与えられておらず、指揮官からは構想外であることを言い渡され、トップチームでの練習も認められていないと報じられている。

 これまで去就などについて沈黙を保ってきた同選手は24日、ツイッターで「マンUがヨーロッパでの最後のクラブとなる。ほかのクラブもリスペクトしているが、僕にバイエルンから離れようと思わせたのはマンUだけだった。チームが必要とするのなら、準備は整っている。現状について僕が言えるのは、これだけだ」と綴っている。

最終更新:8月25日(木)12時3分

ISM

スポーツナビ サッカー情報