ここから本文です

新型「セレナ」は「スマートルームミラー」も高画質化

MONOist 8月25日(木)6時25分配信

 日産自動車が2016年8月24日に発表した5ナンバーミニバン「セレナ」の新モデルには、表示をより高精細にした「スマートルームミラー」がメーカーオプションとして設定された。

【「スマートルームミラー」を鏡に切り替えた状態や旧モデルとの比較などその他の画像】

 スマートルームミラーは、一般的なルームミラーとして使用可能な一方、スイッチで鏡面の全てを液晶ディスプレイに切り替えて、車両後方のカメラの映像を投影して後方視界を確保する。荷室の大きな荷物や後部座席の乗員で視界を遮られる場合に、カメラ表示に切り替えることで後方を確認しやすくなる。SUVの「エクストレイル」やミニバンの「エルグランド」、先代セレナにディーラーオプションとして設定されている。

 今回、新型セレナには、映像の伝送方式をデジタルに変更したスマートルームミラーを用意した。旧型のスマートルームミラーと比較するとカメラの画素数は130万画素で変わらないが、フレームレートが30fpsから60fpsに増加し、より滑らかな表示となる。

 また、旧型にはなかったハイダイナミックレンジ(HDR)機能を搭載し、明暗差が激しい場所でも白とびや黒つぶれを防いで撮影する。カメラのダイナミックレンジは70dBから100dBに拡大した。

 新しいスマートルームミラーは、他モデルにも順次展開していく。

 スマートルームミラーは、ルームミラーでは得られにくい後方視界の確保にカメラを活用した機能の1つ。サイドミラーに関しては、カメラを活用して“ミラーレス”にする開発が進んでいる。法的には、日本国内でもサイドミラーのないクルマが走行することが既に認められている。

 スマートルームミラーのような機能を通じてカメラの映像で視界を得る感覚が定着していけば、サイドミラーのないミラーレス車の製品化も時期が早まるかもしれない。

最終更新:8月25日(木)6時25分

MONOist