ここから本文です

マーベルキャラがバイクに!ハーレー・ダビッドソンとコラボ

シネマトゥデイ 8月25日(木)17時12分配信

 マーベルコミックス「キャプテン・アメリカ」の75周年に合わせ、マーベルとハーレー・ダビッドソンが25種類のコラボレーション・バイクを製作したと Comic Book Resources などが報じた。

ゴーストライダー【写真】

 カスタムバイクのモデルとなったマーベルのキャラクターは、キャプテン・アメリカ、アイアンマン、ハルク、ソー、スパイダーマン、ウルトロン、ブラックウィドウ、スパイダーグウェン、アントマン、ドラックス、ワスプ、グルート、パニッシャー、ブラックパンサー、ゴーストライダー。キャラによっては複数のバイクが造られている。

 オーストラリアとニュージーランドのディーラーシップがデザインと製作を手掛けたもので、残念ながら一般販売はされないとのこと。ただ、オーストラリアとニュージーランド在住の人はお気に入りのデザインに投票することで、バイクと豪華なアメリカ旅行を当てることができるという。

 旅行先はハリウッドとラスベガスで、マーベル映画の視覚効果を担当しているレガシー・エフェクツのVIPツアーや、ラスベガスのトレジャー・アイランドに新設された「マーベル・アベンジャーズS.T.A.T.I.O.N」、ハーレー・ダヴィッドソン・カフェの訪問。米ディズニーランドのトゥモローランドにあるアベンジャーズ・イノヴェンションズなどで楽しいひとときを過ごせるという。(澤田理沙)

最終更新:8月25日(木)17時12分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。