ここから本文です

「GANTZ:O」小野大輔、M・A・O、志磨遼平ら登壇の完成披露上映会が開催決定

映画ナタリー 8月25日(木)10時0分配信

フル3DCGアニメーション映画「GANTZ:O」の完成披露上映会が、9月16日に東京・お台場シネマメディアージュにて開催されると決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、奥浩哉による原作コミック「GANTZ」の「大阪編」を映像化したSFアクション。総監督をテレビアニメ「TIGER & BUNNY」のさとうけいいち、監督を「EX MACHINA-エクスマキナ-」のCGディレクター・川村泰が務める。

完成披露上映会の舞台挨拶には、さとうと川村に加えて主人公・加藤勝役の小野大輔、ヒロイン・山咲杏役のM・A・Oが登壇。さらに主題歌「人間ビデオ」を歌うドレスコーズの志磨遼平も参加する。チケットは9月3日10時から15日18時までの期間、ローソンチケットにて販売される。

「GANTZ:O」は10月14日より全国ロードショー。

「GANTZ:O」完成披露上映会
2016年9月16日(金)東京都 お台場シネマメディアージュ19:30~ ※上映終了後に舞台挨拶を実施※チケットは9月3日10:00~15日18:00の期間、ローソンチケットにて販売<登壇者>小野大輔 / M・A・O / 志磨遼平(ドレスコーズ) / さとうけいいち / 川村泰



(c)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

最終更新:8月25日(木)10時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。