ここから本文です

(街頭政治 SEALDsが残したもの:7)市民動かすノウハウ、形に

朝日新聞デジタル 8月25日(木)16時0分配信 (有料記事)

 参院選の公示を1週間後に控えた6月15日夕、SEALDs(シールズ)メンバーの山本雅昭(27)は徳島市内にある野党統一候補の選挙事務所にいた。約20人の陣営幹部が座るなか、パソコン用ソフト「パワーポイント」で作った選挙マニュアルがスクリーンに映し出された。
 「選挙を変える。市民が変える。今年の選挙の光景をどのように変えるか」
 山本はマニュアルに沿って説明を始めた。「これまでの選挙は政党やメディアが争点をつくり、市民は投票するだけで、すごく受動的。市民が能動的に関わり、政党と一体となって選挙と争点を作っていく」
 昨年の安全保障関連法に反対するデモに参加したのは全国で約100万人、2014年衆院選で野党に投票した人は約2800万人と想定。……本文:2,516文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月25日(木)16時0分

朝日新聞デジタル