ここから本文です

虫垂炎から復帰の原江里菜“自己採点法”で3勝目狙う

デイリースポーツ 8月25日(木)6時2分配信

 国内女子ゴルフのニトリレディス(賞金総額1億円、優勝1800万円)が25日から4日間、北海道小樽市の小樽CC(6494ヤード・パー72)で開催される。注目は大会連覇と自身出場3試合連続V、ツアー通算20勝目となる今季5勝目達成に挑むイ・ボミ(韓国)をはじめ、虫垂炎で前週大会を欠場も戦列復帰した原江里菜(28)=NEC=ら。

 原の所属会社主催だった前々週のNEC軽井沢72ゴルフ。本来ならホステスプロとして花を添えるはずが、プロアマ戦前夜に猛烈な腹痛に襲われ、虫垂炎の診断を受けた。それでも薬で痛みを散らして強行出場。意地で予選を通過し、47位で大会を終えた。

 「翌日(15日)、東京の病院でもう一度採血してもらって問題ないと」。火曜日(16日)以降は休養にあてながら、ラウンドに生かそうと、「脳の勉強、研究をしている人に会ったりした」と言う。

 「その方との会話をヒントに、今週から毎日、その日のゴルフで“命懸けでやること”を決めて自己採点することにしました」。新たな試みで今季初、昨夏の大東建託・いい部屋ネットレディス以来の通算3勝目を目指す。

最終更新:8月25日(木)7時48分

デイリースポーツ