ここから本文です

【元楽天エース対決】岩隈連敗も意地のクオリティースタート

東スポWeb 8月25日(木)11時21分配信

【ワシントン州シアトル24日(日本時間25日)発】マリナーズの岩隈久志投手(35)とヤンキースの田中将大投手(27)が4月17日(同18日)に続き、今季2度目の対決。7回6安打無失点の田中が6回6安打3失点の岩隈に投げ勝ち、11勝目(4敗)をマーク。岩隈は9敗目(14勝)を喫した。

 初回、7球で二死を取った岩隈だったが、3人目に打席に入った売り出し中の強打の捕手・サンチェスに豪快な一発を浴びた。初球、138キロのフォーシームが真ん中に入った。サンチェスがフルスイングすると打球は左翼の2階席に飛び込んだ。あまりのパワーにマウンドの岩隈も驚きの表情だ。

 続く2回は制球が乱れた。先頭打者は3球三振に打ち取ったが、続くジャッジへのカウント2―2からの6球目が右肩を直撃。7番ヒックスに右前に運ばれ、8番オースティンにゴロで三遊間を破られ、2点目を失った。後続を抑え、最少失点で切り抜けたが、この回だけで27球を要した。

 3回は四球の走者を出したものの、無失点。しかし、4回、再び失点した。一死後、2本の安打と野選で一死満塁とされるとガードナーにあっさり右翼へ犠飛を打たれてしまった。5回、6回は無失点。ファウルで粘られ、球数を投げさせられて自分の投球はできなかったが、6回3失点とクオリティースタートをマークしたのは先輩の意地だろう。

 これで2連敗となった岩隈の次回登板は中4日で29日(同30日)のレンジャーズ戦の予定で、相手はダルビッシュ有投手(30)が有力。2試合続けての日本人投手対決を次こそ制して、メジャー自己最多タイの15勝目をマークしたいところだ。

最終更新:8月25日(木)11時26分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。