ここから本文です

【予告編】“大人になった少年”の大学生活のはじまり…『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』

cinemacafe.net 8月25日(木)18時30分配信

少年と家族の12年間を描いた『6才のボクが、大人になるまで。』で、2014年の映画賞レースを席巻したリチャード・リンクレイター監督。その最新作として、“大人になったボク”の大学入学直前の3日間を追った『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』から予告編が解禁となった。

【画像】『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』集合写真

『6才のボクが、大人になるまで。』で描かれた12年間に続くような形で、80年代、ある少年の大学入学直前の3日間を描く本作。誰も感じる新生活が始まる前のワクワク感、家族と離れ、何にも縛られない自由を満喫しつつも、大人としての責任にも同時に気づき始める微妙な心情を、眩しいくらいに清々しく描き出していく。

『ビフォア』シリーズを始めとする、これまでのリンクレイター作品同様、永遠には続かないが、決して色あせることのない青春の断片を見事に切り取った監督の集大成でもありながら、『アメリカン・グラフィティ』『スタンド・バイ・ミー』『ブレックファスト・クラブ』などに連なる、新しい青春グラフィティ・ムービーの誕生ともいえる。

また、本作のもう1つの主役といえるのが、豪華な音楽のラインナップ。舞台となる80年代にヒットしたロック、パンク、ディスコ、ニューウェーブ、ヒップホップの名曲がふんだんに散りばめられている。

解禁となった予告編では、まず、「ザ・ナック」のメガヒット曲「マイ・シャローナ」からスタート。野球推薦で大学に入学することになった本作の主人公ジェイク(ブレイク・ジェナー)は、カーステレオでこの曲を聞きながら、新生活が始まる野球部の寮に向かう。

出迎えるのは、野球部の個性豊かで騒々しいチームメイトたち。ジェイクは野球はもちろん、女の子、お気に入りの曲、パーティ、お下劣なジョークなど、あらゆることに全力で打ち込み、新たな出会いと恋を経験しながら、先輩たちからの“洗礼”を受けつつ、少しづつ大人になる様子が描かれていく。


「死ぬときに後悔するのはやったことじゃない。やり残したことさ」「いまを楽しめ。永くは続かないんだ」という印象的なセリフ、そしてヒロイン・ビバリー(ゾーイ・ドゥイッチ)との恋の始まり…。そして映像のラストでは、音楽が本作のタイトルにもなった「ヴァン・ヘイレン」の「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」に。「恋も友情も、すべての青春がここにある!」「あれかこれかより、あれもこれもの人生を選びたい!!」というフレーズとともに、まばゆいばかりの“青春グラフィティ”を予感させている。

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』は11月、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。

最終更新:8月25日(木)18時30分

cinemacafe.net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。