ここから本文です

「ポケモンGO」チートを使わず24時間で100万経験値ゲットを目指す配信、まさかのアクシデントに見まわれ途中終了に

ねとらぼ 8月25日(木)9時10分配信

 「Pokemon GO(ポケモンGO)」でチートを使わず、24時間で100万経験値ゲットを目指す企画が海外で行われたのですが、あまりにも効率よく経験値を稼ぎすぎたためか、途中で不正と見なされ、アカウントが一部凍結されてしまうという出来事がありました。

【まさかのアクシデント】

 この企画に挑戦したのは、テキサス州に住む「ポケモンGO」ユーザー、Jimmy Derocherさん。Jimmyさんの挑戦の様子は、Twitchのアーカイブで今も見ることができます。

 Jimmyさんが立てた作戦は、オースティンにあるポケストップ密集地帯をひたすら歩き、ポケモンを捕まえ続けるというもの。ここは10個のポケストップが輪っか状に配置されているため、1周するころには最初のポケストップが再びチェック可能になっているという仕組みです。Jimmyさんはこれを「Jimmy's LOOP」と名付け、ここを24時間ひたすら周回し続けることで、正攻法での100万経験値ゲットを目指しました。

 そして迎えた挑戦当日。ルアーモジュールやしあわせタマゴなどのアイテムも駆使し、予定通り着実に経験値を積み重ねていくJimmyさん。半日を待たずに目標の半分である50万EXPを稼ぎ、このペースで行けば挑戦達成は確実に思えました。

 しかし、挑戦時間が13時間に迫るあたりでJimmyさんのプレイに異変が。ポケモンは普通に出現するのですが、どのポケモンも必ずボールから出てしまい、しかも1発で逃げられてしまう状態に。どうやら、あまりにも効率よくプレイしすぎたために、bot監視システムに引っ掛かってしまったもよう。Jimmyさんのアカウントは、24時間ポケモンがゲットできない“ソフトBAN”状態となり、結局、挑戦は経験値約60万を稼いだところで終了となってしまいました。

 まさかの結末を迎えてしまったJimmyさんの挑戦ですが、botによるチート監視システムが適切かどうか、という問題を提起したという点では意味があったのかもしれません。Jimmyさんは、「botによる監視は人間よりも確かに効率的かもしれませんが、無計画なBANは彼らが考える以上にプレイヤーを傷つけていると思います」と米Kotakuの取材に答えています。

最終更新:8月25日(木)9時10分

ねとらぼ