ここから本文です

桑田佳祐「偉大なる歌謡曲に感謝 ~東京の唄~」いよいよ明日26日地上波でOA

M-ON!Press(エムオンプレス) 8月25日(木)18時7分配信

桑田佳祐にしか実現できない、豪華で贅沢な音楽番組として大いに話題を集めた『桑田佳祐「偉大なる歌謡曲に感謝 ~東京の唄~」』が、いよいよ明日8月26日、23時から、フジテレビでオンエアされる。

この番組は、もともとWOWOW開局25周年を記念して制作された特別音楽番組。桑田が日本の歌謡史に残る数々の名曲の中から「東京」を題材にした曲ばかりを集め、歌い上げるという貴重な企画が、各方面で大絶賛された。

その高いクオリティから話題が話題を呼ぶ形となり、「もう一度観たい」や「観逃してしまった」「もっとたくさんの人に観てほしい」などという声が殺到。フジテレビでのオンエアが先日、急きょ決定となり、明日放送を迎える。桑田ファンのみならず、全国の音楽ファンの強い要望に応えた形で実現の運びとなった。

今回はあらたに撮影した番組冒頭シーンに、どこか見覚えのある謎の音楽評論家(?)が登場。彼にいざなわれるようにして始まるこの番組は、本編も一部再構成を施し、改めて珠玉の歌謡曲と桑田の歌唱に酔いしれることができる内容となっている。

日本人による日本人のための大衆音楽「歌謡曲」。当番組は、そのような桑田の「歌謡曲」への思いを、わかりやすい形で表現する一大エンタテインメント。過去の名曲たちにリスペクトを込め、これまでの音楽人生を共に歩んできた桑田自身も敬愛するミュージシャンたちと共に、ほとんどの曲が原曲にほぼ忠実に、ていねいにアレンジを施され、一曲一曲すべて生楽器の醍醐味を感じさせる演奏を堪能できる。

選曲が「東京の唄」となっているところもこの番組のポイント。歌謡曲の中でも、特に「東京」を題材にした曲は数多く存在する。全国各地から人が集まる東京には、人間性の光と影、望郷の念、交錯する男女の思い、希望、絶望と、人間の様々な心の襞が象徴的に現れている。「東京の唄」を歌うことで、「歌謡曲」そのもののエッセンスがより豊かに表現される。また、メダルラッシュで日本中が盛り上がった、リオオリンピックも終了し、いよいよ次回の開催地として「東京」への注目が高まってきている。そんな意味からも「東京」をテーマにしたこの番組は、タイムリーな企画と言えるのではないだろうか。

また番組内では、すでに観た人からの反響も大きい桑田自身の未発表の新曲「悪戯されて」が地上波初オンエアとなる。

番組情報
フジテレビ系全国ネット『桑田佳祐「偉大なる歌謡曲に感謝 ~東京の唄~」』
08/26(金)23:00~23:58

桑田佳祐 OFFICIAL WEBSITE
http://special.sas-fan.net/special/yoshikosan/

最終更新:8月25日(木)18時7分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。