ここから本文です

渡辺司が首位発進!明日は「自分ができることをボチボチやります」

ゴルフ情報ALBA.Net 8月25日(木)21時52分配信

<広島シニアゴルフトーナメント 初日◇25日◇広島カンツリー倶楽部 西条コース(6,624ヤード・パー71)>

シニアツアーのフォトギャラリー

 シニアツアー「広島シニアゴルフトーナメント」が広島県にある広島カンツリー倶楽部 西条コースを舞台に開幕。開催地域に密着した大会作り、を行っているこの大会はベテランプロがひしめくフィールドに地元高校生ゴルファー12人が出場しているのが特徴だ。

 初日の競技を終え首位に立ったのはこの日7アンダーをマークした渡辺司。1打差の2位タイには川瀬順次と水巻善典がつけている。先週「ファンケルクラシック」を連覇した室田淳は3アンダーで15位タイ、崎山武志は4アンダーで9位タイとなっている。昨年覇者の倉本昌弘はイーブンパー47位タイと出遅れてしまった。

 この日は「パットが上手く入ってくれた」と話した渡辺。「おまけみたいのも2つ入ってくれた」と運にも恵まれ好スタートを切った。

 渡辺は昨年に首を痛め、左手から首にかけて「全部しびれているんです。狭窄なので治らないんですよ」。思うように練習もできないが、その中で迎えた貴重な優勝のチャンス。しかし、意気込みすぎることなく「自分ができることをボチボチやりますよ」と無欲で最後までプレーする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月25日(木)21時54分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。