ここから本文です

くらもちふさこ、魚喃キリコらがジャニス・ジョプリンを描いたイラスト公開!

映画.com 8月25日(木)19時30分配信

 [映画.com ニュース]1970年に27歳で死去したロックシンガー、ジャニス・ジョプリンのドキュメンタリー「ジャニス リトル・ガール・ブルー」の公開を記念し、漫画家のくらもちふさこ、魚喃キリコ、イラストレーターのeveがジャニスの一面を描いたイラストがお披露目された。

 それぞれの作家性が存分に活かされた渾身のイラストで、ジャニスの魅力を余すことなく描いている。イラストは公開中に渋谷シアター・イメージフォーラムで展示される予定だ。

 映画は生前ジャニスの身近にいた人々のインタビュー映像、スターとして注目を浴びてからもジャニスが書き続けていた家族や恋人へのパーソナルな手紙を軸に、ロックスターという側面だけでなく、1人の女性としての素顔のジャニス・ジョプリンを、エイミー・バーグ監督が映し出す。

 「ジャニス リトル・ガール・ブルー」は、9月10日から全国で公開。

最終更新:8月25日(木)19時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。