ここから本文です

【スパーキングサマーC】ブルーチッパー逃げ切り連覇 JRA勢にも負けない 

デイリースポーツ 8月25日(木)7時41分配信

 「スパーキングサマーカップ・S3」(24日、川崎)

 2番人気のブルーチッパーがスタンド前から強引にハナを奪って、最後まで追いすがる後続馬を封じて逃げ切り勝ち。このレースの連覇を達成した。中団から伸びた7番人気のバーンザワールドが2着に入り、4番人気のグランディオーソが3着。1番人気のレガルスイは直線で伸びを欠いて4着に敗れた。

 鮮やかな逃げ切りVだ。スタートから好ダッシュを決めてハナに立ったブルーチッパーは、レガルスイ、リアライズリンクスの厳しいマークを受けながらもペースを緩めず主導権を決して譲らない。

 3コーナー過ぎでリアライズリンクス、そして直線に入るとレガルスイも脱落。最後にバーンザワールドが追い込んできたが、しぶとく振り切って先頭でフィニッシュした。

 17日の黒潮盃(大井)のミスミランダーに続く重賞Vとなった森泰斗は、「かなりペースも速かったけど、直線を向いてからの勝負根性がセールスポイント。JRA勢とも互角に戦えるので、南関東代表として頑張りたい」と力強く語った。

 荒山勝師もホッとした表情。「次はレディスプレリュード(大井・9月19日)を使ってみようと思っています」と話したが、秋の最大目標は今回と同じ条件であるJBCレディスクラシック(11月3日・川崎)なのは間違いない。

最終更新:8月25日(木)7時54分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。