ここから本文です

キーファー・サザーランドの吸血鬼カルト映画、ドラマ化へ

シネマトゥデイ 8月25日(木)22時34分配信

 テレビドラマ「ヴェロニカ・マーズ」のクリエイター、ロブ・トーマスが1987年のカルト映画『ロストボーイ』のドラマ化を企画しているとDeadlineが報じた。

映画版に出演していたジェイソン・パトリック【写真】

 米CW局で製作される同ドラマは7シーズンにわたる予定で、各シーズンが10年のスパンで描かれていくそう。ストーリー、舞台、人間などはシーズンごとに変わるが、ロストボーイズ(吸血鬼)だけは変わらない姿で登場するという。第1シーズンは、ヒッピー・ムーブメントが頂点に達した1967年のサンフランシスコを描くとのこと。脚本はロブが手掛けるという。

 映画版はジェイソン・パトリック、キーファー・サザーランド、コリー・ハイム、コリー・フェルドマンなどが出演。ジェイソンとコリー・ハイムがカリフォルニア州に越してきた兄弟を演じ、キーファー率いるヴァンパイアのギャングを倒そうとするストーリー。

 The Wrap によると、CW局で企画されていた『13日の金曜日』のリブートドラマと、世界滅亡後の『若草物語』の世界を描いたドラマは中止になったとのこと。『きみに読む物語』のドラマ版はまだ開発されているという。(澤田理沙)

最終更新:8月25日(木)22時34分

シネマトゥデイ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。