ここから本文です

【新潟2歳S】イブキ豪快加速 新種牡馬の父にタイトル贈る

デイリースポーツ 8月25日(木)7時41分配信

 「新潟2歳S・G3」(28日、新潟)

 来年のクラシックを目指す東西の有力馬が絶好の動きを見せた。新種牡馬ルーラーシップ産駒の勝ち上がり第1号となったイブキは24日、美浦Wで軽快なフットワークを披露。重賞初Vに向けて態勢を整えつつある。栗東ではモーヴサファイアが坂路で楽々と好時計をマーク。前走からの上積みをアピールした。

 父譲りの豪快な走りで美浦Wを躍動した。新種牡馬ルーラーシップ産駒の勝ち上がり第1号を決めたイブキは田辺を背に3頭併せ。ショウナンアイ(4歳500万下)を4馬身追走、ライジングリーズン(2歳新馬)を3馬身後ろに従える形でスタート。3頭の差が詰まった直線で僚馬2頭の間を突くと、手綱を持ったままでグイグイと加速していく。4F54秒7-40秒1-12秒7をマークし、前者に半馬身先着、後者に併入してゴールを駆け抜けた。

 初コンビとなる鞍上は納得の表情で引き揚げてきた。「乗りやすい馬でした。走りも悪くなかったですね」。動きを見守った奥村武師も「先週の水曜、日曜にしっかり負荷をかけているので、きょうはやり過ぎないようにという指示。ジョッキーも好感触を抱いてくれたようです」と納得の表情を浮かべた。

 2着馬が次戦を快勝するなど、素質馬がそろった新馬戦を好位から抜け出してV。その後は約2カ月の放牧を挟み、しっかりとケイコを積んできた。「もうふた回りくらい馬体が大きくなってほしい。求めるものが大きい馬ですから」。指揮官の辛口ジャッジは期待の表れだ。「それでもここまで順調に来ているし、カイバもしっかり食べています。強い調教にもよく耐えて頑張っていますよ」と目を細めた。

 大きな期待を背負って種牡馬入りした父にJRA初勝利をプレゼントした孝行息子。今度は初重賞タイトルを贈り、勲章を手に来年のクラシックへ夢をつなげる。

最終更新:8月25日(木)7時55分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]