ここから本文です

山本彩、初のソロアルバムが10月に 楽曲提供にGLAYのTAKUROやスガシカオ

ねとらぼ 8月25日(木)9時31分配信

 NMB48の山本彩さんが、8月24日深夜放送のニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」で、初のソロアルバム発売を発表しました。

【ソロアルバムの公式サイトもオープン】

 10月26日発売で、サウンドプロデュースを「東京事変」の元メンバーであり、大原櫻子さんや、平井堅さん、星野源さんらの楽曲を手掛けてきた亀田誠治さんが担当。公式サイトも立ち上がっており、楽曲提供には、亀田さんのほか、GLAYのTAKUROさん、スガシカオさんの名前があがっています。

 「実は私から発表があります」と、やや緊張気味に切り出した山本さん。アルバムは12、13曲になる予定で、そのうち半分は山本さん作詞・作曲によるものになるそう(ギター曲もあり)。総選挙前から水面下で進めており、「形になり始めたところで、まだまだ切羽詰まってるなか制作しております」とのことですが、パーソナリティーの渡辺麻友さん、指原莉乃さん、宮脇咲良さんらからは「かっこいい!」「早く聞きたいわー」「超楽しみ」と、完成を待ちわびる声があがっていました。

最終更新:8月25日(木)9時31分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。