ここから本文です

松坂 103日ぶり実戦登板で最速144キロ「ホッとしている」

東スポWeb 8月25日(木)16時8分配信

 ソフトバンク・松坂大輔投手(35)が25日、ウエスタン・広島戦(タマスタ筑後)で5月14日以来の実戦復帰した。

 8点リードの6回にリリーフとして登板。場内アナウンスで「松坂」の名前がコールされるとスタンドからは大歓声が上がった。103日ぶりの登板となった怪物は1イニングを無安打無失点。直球の最速は144キロを記録した。降板後、球数が11球と少なかったこともあり、ブルペンで20球ほど直球のみを投げ込んだ。松坂は「ゲームに投げられたことで、ホッとしている。(肩の状態は)順調に上がってきている」と振り返った。

 倉野信次投手巡回コーチ(41)は「(球速は)それぐらいは出ると思っていた。まだまだ上がりますね。僕自身も楽しみではあります」と話した。右腕は「ちゃんと投げられるか不安も大きかった。とにかく(一軍の)試合に投げたい気持ちを持ってやってきている。それは変わらないですね」と力を込めていた。

 松坂は5月14日のウエスタン・広島戦(マツダ)で2回途中9失点で降板。その試合で右手に違和感を訴え、実戦から遠ざかっていた。

最終更新:8月25日(木)21時21分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]