ここから本文です

【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、先進の車載インフォ搭載

レスポンス 8月25日(木)13時30分配信

米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、キャデラックが8月18日、米国カリフォルニア州で開幕した「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で初公開した『エスカーラ コンセプト』。先進の車載インフォテインメントも注目できる。

画像:キャデラック エスカーラ コンセプト

エスカーラ コンセプトでは、曲線を描く3つのOLED(有機LED)式ディスプレイをダッシュボードに採用。このテクノロジーは、今後市販する予定のキャデラック車向けに開発された。

ドライバーの正面には、非常に薄い曲線状のディスプレイが重ねられており、「Cadillac」の文字をあしらったエンボスが施されたハンドステッチ加工のレザーで覆う。メーターパネルを構成する複数のディスプレイは、一つのユニットとして統合される。

また、エスカーラコンセプトには、コネクティビティコントロールの新たな機能も導入。現時点では、開発途中のプロトタイプだが、将来的に市販車に採用予定。システムには、センターコントロールモジュールが備わっており、タッチ操作だけでなく、声やジェスチャーでも一連の通信機能をコントロールできる。コントローラーの内部には、キャデラックのアイコンである「flying Goddess」を配置。このアイコンは新たにデザインされたもので、キャデラックによると、ブランドの輝かしい歴史を象徴しているという。

キャデラックのグローバルデザイン部門のアンドリュー・スミス エグゼクティブディレクターは、「エスカーラコンセプトのインテリアは、従来のものを凌ぐ仕上がり。独創性あふれる精緻なクラフトマンシップが際立っているだけでなく、テクノロジーとの統合が実に芸術的」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月25日(木)13時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]