ここから本文です

Kis―My―Ft2の新曲がボイメンに負けた!

東スポWeb 8月25日(木)16時30分配信

 ジャニーズの「Kis―My―Ft2」のニューシングル「Sha la la☆Summer Time」が24日発表のオリコンシングルデイリーランキングで男性アイドルグループの「BOYS AND MEN」に負けたことが、わかった。

「BOYS AND MEN」通称ボイメンと聞いてピンとこない読者も多いだろうが、彼らは2010年に結成した東海エリア出身・在住の10人のメンバーで構成される、歌、ダンス、芝居もこなすイケメン集団だ。

 ジャニーズのグループとライバル関係にあるといえる。そのボイメンのシングル「YAMATO☆Dancing」が、2位のKis―My―Ft2を抑えて1位を獲得する快挙を達成。

 ウイークリーランキングではなくデイリーランキング1位だが、通常ならば、ジャニーズのグループの指定席のはず。音楽関係者は「ランキング1位や2位が見込まれる歌手は、ジャニーズとはあえてシングル発売日をずらすことが多い。万が一別の歌手が1位を取った日には、ジャニーズと共演NGになってテレビに出られなくなったりしてしまうのではと勘繰ってしまいますからね」と指摘。

 ボイメンは今年1月6日発売「BOYMEN NINJA」、2月3日発売「Wanna be!」がオリコンデイリーチャート、ウイークリーチャートともに初登場1位獲得しており、これで3作連続のデイリー1位獲得となった。

 朗報を受けメンバーの平松賢人は25日ブログを更新して「夢みたい でも現実なんだよっ 幸せだぁー みんなで勝ち取ったこの1位 ありがとうの言葉じゃ伝えきれないや」などと喜んだ。続けて「レコード大賞も 紅白歌合戦も 日本武道館も ナゴヤドームも みんなと一緒なら 本当になんでもできそうな気がしちゃう」と夢をつづった。

 ちなみに2017年1月7日には、日本武道館のライブも控えており、ジャニーズにとっても脅威になったといえそうだ。

最終更新:8月25日(木)16時50分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。