ここから本文です

任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

インサイド 8月25日(木)21時15分配信

任天堂は、2016年8月25日に開催した同社の取締役会にて、ジェスネット株式会社の子会社化と、同日にジェスネットが株式会社アジオカからビデオゲーム卸事業を譲受した旨を発表しました。

ジェスネットとアジオカは、任天堂の商材を取り扱う国内最大規模の専門商社として、ビデオゲーム機を主軸に、全国的な物流ネットワークを基盤とした販売活動を行ってきました。

任天堂は、ジェスネットを子会社化し、アジオカのビデオゲーム卸事業をジェスネットに譲受する事により、自社商品の開発から供給に至るまで一貫した体制を構築し、体制全体の意思決定をスピーディーに行うことで、販売サービスのクオリティを向上させ、ひいては同社グループ全体の企業価値を高める狙いがあります。

なお、任天堂は、この件について、当期の業績に与える影響はないとしており、今後の業績に与える影響は、来期以降の業績予想に織り込むと発表しています。

ジェスネット株式会社の子会社化及び、株式会社アジオカからの事業譲受に関する詳細情報は、こちらのページを参考にしてください。

最終更新:8月25日(木)21時15分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。