ここから本文です

「おおきく振りかぶって」作者の第2子出産のため一時休載 再開は2017年7月号を予定

ねとらぼ 8月25日(木)10時25分配信

 講談社「月刊アフタヌーン」で連載中の漫画「おおきく振りかぶって」が、作者・ひぐちアサさんの第2子出産のため一時休載となることが本誌上で発表されました。連載再開は2017年7月号を予定。

【本誌に掲載された休載告知】

 ひぐちさんは現在46歳。最初の妊娠では、出産の2日前まで仕事していたそうですが、今回は「1人目と比べて腹がでかくて、倍くらいあんじゃないのか」という感じらしく、予定日まで1カ月半を残して産休に入るとのこと。「しばしのお別れになりますが、どうかどうか西浦やライバルの高校生たちを忘れずにいてくださいますよう、お願いいたします」「またお会いできる日まで、みなさんもどうぞお元気で!!」と結んでいます。

 「おおきく振りかぶって」は、2003年から「月刊アフタヌーン」で連載をスタート。埼玉県の西浦高校を舞台に、主人公・三橋廉を中心とした野球部の活躍が描かれています。2007年にはテレビアニメ第1期が、2010年には第2期が放送されました。

※当初、連載再開を2017年7月ごろとしていましたが、正しくは2017年7月号でした。お詫びして訂正いたします。

最終更新:8月25日(木)12時41分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。