ここから本文です

VW、サプライヤーと和解…独6工場の生産再開へ

レスポンス 8月25日(木)14時0分配信

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンがサプライヤーとの対立により、ドイツ国内6工場の操業を一時的に見合わせている問題。この問題で、双方が和解に達したことが分かった。

今回の問題は、フォルクスワーゲンとサプライヤー2社との間で起きた。このサプライヤーは、フォルクスワーゲンにシートを納入していたカートリム社と、トランスミッション関連部品を納入していたESオートモビリグス社。

フォルクスワーゲンは、この2社との間で結んでいた部品納入契約の解除を通知。これに対して、2社はフォルクスワーゲンへの部品納入を停止した。この問題では、双方が裁判所に提訴。部品の供給が滞ったため、フォルクスワーゲンは、ドイツ国内6工場の操業を一時的に見合わせる事態となっていた。

8月23日、フォルクスワーゲンは、サプライヤー2社と和解に達したことを明らかにした。なお、和解の内容は公表されていない。

これにより、ヴォルフスブルク本社工場をはじめ、エムデン、ツヴィッカウ、カッセル、ザルツギッター、ブラウンシュヴァイクの合計6工場では、生産を順次再開する見通し。主力車種の『ゴルフ』と『パサート』の生産体制が、通常に戻ることになる。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月25日(木)14時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]