ここから本文です

【エンディング産業展16】オーテック、NV350で葬儀市場の開拓を狙う

レスポンス 8月25日(木)14時15分配信

葬儀に関する設備・機器など集めた展示会「エンディング産業展2016」に昨年に続いて出展したのが、日産自動車の子会社、オーテックジャパンだ。展示した車両は『NV350キャラバン』で、葬儀場の送り迎えの車として使ってもらいたいとのことだ。

NV350は最大14人乗りのマイクロバスで、幼稚園児の送り迎えをはじめ、いろいろ場面で送迎用の車として利用されてきた。それを葬儀の際にも利用してもらおうというわけだ。そのために、少し改良を行っているそうだ。

「葬儀の送迎用となると、どうしても高齢者が多くなるので、乗り降りしやすいように手すりとステップを日産独自で開発してつけました。日産にもこういう車があるんだということを葬儀業界の人に知ってもらいたかった」とオーテックジャパン関係者は話す。

実はこの業界は圧倒的にトヨタ自動車の『ハイエースワゴン』が強く、文字通り独壇場の様相を呈している。個人的な話で恐縮だが、今週遠戚の葬儀に出席するため、送迎車に乗ったが、用意された3台はいずれもハイエースワゴンだった。

オーテックとしてはその牙城を少しでも崩すために、今回もエンディング産業展に出展したわけだが、今後もいろいろな機会を通じて葬儀関係者にNV350キャラバンの良さを訴えていくそうだ。

《レスポンス 山田清志》

最終更新:8月25日(木)14時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]