ここから本文です

ペドロ・アルモドバルの「ジュリエッタ」特報、行方不明の娘に宛て母が手紙つづる

映画ナタリー 8月25日(木)12時34分配信

ペドロ・アルモドバルの監督作「ジュリエッタ」の特報映像がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、アリス・マンローの短編小説3編をもとにした人間ドラマ。12年前に突然姿を消した娘に宛て、これまで忘れ去ろうとしていた自身の過去を手紙につづる女性ジュリエッタの数奇な人生を描く。ジュリエッタの中年期をエマ・スアレス、若年期をドラマ「情熱のシーラ」の主演女優アドリアーナ・ウガルテが演じた。

このたび公開された特報には、ジュリエッタが偶然再会した友人に娘の話をされるシーンが収められている。最愛の娘にもう一度会いたいという気持ちに駆られたジュリエッタは、「今まで言えなかったすべてを話すわ」と、どこにいるのかもわからない娘に宛て手紙を書き始める。

「ジュリエッタ」は11月5日より全国ロードショー。

最終更新:8月25日(木)12時34分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。