ここから本文です

広島M20点灯!福井が投打のヒーローだ

東スポWeb 8月25日(木)16時49分配信

 首位広島が24日の巨人戦(東京ドーム)に7―3で逆転勝ちし、25年ぶりに優勝へのマジック「20」を点灯させた。大事な一戦の先発マウンドに立った福井優也投手(28)が6回5安打2失点の好投で今季4勝目。5回に巨人・菅野智之投手(26)の打球が右ヒザを直撃するアクシデントに見舞われたが、ベンチで治療後も降板せずに再びマウンドへ。1点を追う6回先頭の第2打席では、その菅野から右中間を破る二塁打を放って出塁。ここから田中の同点適時二塁打、さらに丸の勝ち越し適時二塁打など計4本のタイムリーが飛び出し、一挙4点を奪って逆転に成功した。

 菅野からは7回までに5点を奪って、相手エースを攻略。8回には菊池と丸の連続ソロアーチで突き放した。

 投打で大仕事をやってのけたヒーローの福井は「(菅野の打球は)当たった瞬間はもう立てないと思ったが、ベンチ裏に行ったら全然大丈夫だった。(4得点の口火を切る二塁打については)何でもいいから打って、食らいついていこうとしか考えていなかったです」と冷静にコメントした。

 一方、緒方監督は「ジャイアンツのエースに対して6回の集中打は見事だった。(福井は)前回登板は悪いテンポだったが、その反省からリズムとテンポを意識していた。マジック点灯? ファンには大きく報道してほしいけれども、逆に言えば自分たちには必要のない情報。しっかり今後も一戦一戦、戦っていくことに変わりはない」と表情を変えずに振り返った。悲願の頂点へカウントダウンが始まっても、チームは自然体だ。

最終更新:8月25日(木)17時38分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。