ここから本文です

液体の水が存在? 地球によく似た惑星、わずか4光年の「近所」で発見

ITmedia ニュース 8月25日(木)12時18分配信

 太陽系に最も近い恒星の近くに、地球とよく似た惑星を発見したと、イギリスのクイーン・メアリー大学などの研究チームが8月25日に発表した。惑星の表面には、液体の状態の水が存在する可能性があるという。

 見つかった惑星は、地球から4光年ほど離れた恒星「プロキシマ・ケンタウリ」の周りを約11日で公転している。この恒星は赤色矮星で、太陽よりも小さく、温度が低い。最も太陽系に近い距離にあるこの惑星の質量は地球の約1.3倍。気候は温暖で、水が凍らず、液体のまま存在する可能性があるという。

 ただ、惑星が受けるX線の量が地球の数百倍はあること、惑星の表面が恒星の同じ面を向いている可能性もあること、大気成分も不明なので、生命を育めるかどうかは不明だ。研究成果は、英科学誌「nature」に8月25日付で掲載された。

最終更新:8月25日(木)12時18分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]