ここから本文です

“ポスト1D”の画質を目指したフルサイズ一眼レフ「EOS 5D Mark IV」発表

ITmedia LifeStyle 8月25日(木)13時10分配信

 キヤノンが8月25日、フルサイズCMOSセンサーを搭載したハイエンドデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」を発表した。9月8日から販売を開始する。価格はオープンプライス。オンラインショップの参考価格は、ボディ単体が43万2500円、EF24-70 F4L IS USM レンズキットが54万7500円、EF24-70 F2.8L II USM レンズキットが61万7500円(いずれも税別)。また10月下旬には、新レンズ「EF24–105L IS II USM」のレンズキットも55万7500円(税別)で販売する。

【背面や側面の写真】

 EOS 5D Mark IVは、撮像素子に約3040万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したハイエンドモデル。高画素モデルでは高感度の画質が厳しくなるという定説がある中、高解像度化と高感度化を実現しており、常用ISO感度は32000にまで向上。デュアルピクセルCMOS AFの採用により、像面位相差AFでの高速なピント合わせも可能になっている。画像処理エンジンは、「EOS-1D X Mark II」にも搭載しているDIGIC 6+になり、画像処理能力も大幅に向上している。低輝度ノイズを効果的に除去可能なほか、JPEG撮影時にも歪曲収差補正、回折補正やDigital Lens Optimizerが利用できる。

 AFセンサーがオールクロス61点である点は変わりはないが、EOS-1D X Mark IIのAFシステムを移植することで、EOS 5D Mark IIIよりも範囲が若干広くなった。また全61点でF8光束に対応。約15万画素のRGB+IR測光センサーで、シーン解析の精度も向上しているという。また蛍光灯などのちらつきを自動検知し、露出やホワイトバランスに与える影響を抑制する「フリッカーレス撮影」もサポート。こちらもEOS-1D X Mark IIと同等のアルゴリズムを搭載している。

 ちなみに2012年に発売した「EOS 5D Mark III」は、DIGIC 5+、約2230万画素CMOS、常用ISO感度25600、秒間約6コマの連写性能、といったスペックを誇っていたが、4年の歳月を経て、他のモデルと比べ見劣りする部分が出てきていたのは事実。最新の機能を身にまとうバージョンアップとなっている。

 ファインダーは、インテリジェントビューファインダーIIとなり、視野内に撮影系の機能や電子水準器などを透過表示できるようになった。ファインダーをのぞいた状態でさまざまな設定状態の確認や変更が可能だ。

 背面液晶モニターはタッチパネルを搭載したワイド3.2型で、画素数は162万ピクセル。タッチAFやタッチシャッターなどの操作が可能だ。ライブビュー時に拡大表示をしてピント合わせをしたり、動く被写体にピントを合わせ続けながら連続撮影したりもできる。

 このほか、ペンタ部にはGPSを搭載し、位置情報をExif情報に付加可能になったてんもトピックの1つ。Wi-Fiも標準搭載しており、スマートフォンなどからのリモート操作やファイル転送も容易に行える。

 ユニークな機能としては、RAW画像を現像ソフトDigital Photo Professional(DPP)で現像する際に、記録されたデュアルピクセル情報を活用して、解像感補正やボケシフト、ゴースト低減が行えるデュアルピクセルRAWも注目だ。

 デジタルシネマ規格のDCI 4Kをサポートしており、4K映像の撮影に対応。4096×2160ピクセルでの撮影が可能だ。またデュアルピクセルCMOS AFを搭載したことで、すべてのEFレンズで被写体追従撮影に対応している。撮影した4K映像から約880万画素の静止画を切り出す機能も搭載した。HDR動画、120PはいフレームレートHD動画、タイムラプス動画なども撮影できる。

 防塵・防滴仕様のボディは、本体のみで重さが約800gと、EOS 5D Mark IIIから約60gの軽量化も果たしている(バッテリー、CFカード、SDメモリーカードを合わせると約890g)。ボディのサイズは(幅)150.7×(奥行き)75.9×(高さ)116.4mm。

 なおEOS 5D Mark IVの発売に合わせ、専用のバッテリーグリップ「BG-E20」も登場する。マグネシウム合金製の防塵防滴構造を持つグリップで、価格は3万3000円(税別)。

最終更新:8月25日(木)13時10分

ITmedia LifeStyle