ここから本文です

菅田将暉と重岡大毅のピュアすぎる台詞に悶絶必至!

Movie Walker 8月25日(木)14時0分配信

小松菜奈と菅田将暉のW主演で、10代の恋愛を鮮やかに描いたジョージ朝倉の人気マンガを映画化した『溺れるナイフ』(11月5日公開)。本作の予告編が解禁され、早くも話題を集めている。

【写真を見る】夏芽(小松菜奈)とコウ(菅田将暉)、キス寸前!

物語の主人公は都会からきたティーン誌のモデル・夏芽(小松菜奈)と地元の神主一族の跡取り・コウ(菅田将暉)。予告編では、和歌山・熊野の美しい自然の中で、高校生の夏芽とコウの出会いから、惹かれあうふたりが映される。また、夏芽に好意を寄せていた大友(重岡大毅)が「俺じゃダメなのか?俺が笑わせちゃるけえ」と言う、なんともキュンキュンしてしまう姿も必見!

不器用なまでにぶつかり合う10代の男女を、20代の新鋭監督・山戸結希が演出した本作。女性はもちろん、男性にも見てほしい純愛物語だ。【Movie Walker】

最終更新:8月25日(木)14時0分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。