ここから本文です

ドコモ、GALAXYシリーズ3機種にAndroid 6.0へのバージョンアップを提供

ITmedia Mobile 8月25日(木)15時1分配信

 NTTドコモは8月25日、サムスン電子製のAndroidスマートフォン「GALAXY S5 SC-04F」「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」「GALAXY Note Edge SC-01G」に対するOSバージョンアップを開始した。バージョンアップ後のOSはAndroid 6.0で、ビルド番号はSC-04Fが「MMB29M.SC04FOMU1XPH3」、SC-02Gが「MMB29M.SC02GOMU2CPH3」、SC-01Gが「MMB29M.SC01GOMU1CPH3」となる。

【追加される新機能の1つがこちら】

●バージョンアップの概要

 対象の3機種にOSバージョンアップを適用すると、表示中の画面に関連する情報をすぐに検索できる「Now on Tap」機能、より深い端末スリープが可能になる「Dozeモード」、利用頻度の低いアプリの電力消費を制限する「App Standby」、利用する機能の権限をアプリ実行中に決められる仕様変更など、Android 6.0で追加・変更された機能を利用できる。また、主に以下の項目において機能改善・仕様変更が行われる。

・指紋センサーを使ったWebサインイン機能の追加(標準ブラウザ利用時)
・指紋センサーによるロック解除の仕様変更
・「スマートマネージャー」の追加
・「Google設定」をアプリ一覧(ドロワー)から設定画面内に移動
・プリインストールアプリの一部アイコンのデザイン変更
・表示フォントの一部変更
・Sペンの「エアコマンド」のUI変更と機能追加(SC-01Gのみ)
・Sペンで画面消灯時のメモ取りが可能に(SC-01Gのみ)

●バージョンアップの方法

 OSバージョンアップは無線LAN(Wi-Fi)かドコモのXi(LTE)/FOMA(3G)回線でインターネットに接続した本体から行う方法と、Windows PC/Mac(以下、まとめて「PC」)と本体をつないで行う方法がある。いずれの方法でも本体内のデータは保持されるが、念のためにデータのバックアップをしておくことをお勧めする。

本体単体でのバージョンアップ

 本体のXi/FOMA回線でバージョンアップ用データをダウンロードする場合、「spモード」の契約が必要となる。データ容量が大きいため、ブロードバンドインターネットに接続した無線LAN(Wi-Fi)ルーターや「docomo Wi-Fi」などの公衆Wi-Fiサービスを経由してダウンロードすることを推奨する。所要時間はSC-04FとSC-02Gが約18分、SC-01Gが約23分だが、インストールしてあるアプリや設定によって前後することがある。

Windows PC/Macを使ったバージョンアップ

 PCと本体を接続してバージョンアップを行う場合、サムスン電子純正のソフトウェア「Smart Switch PC」をPCにインストールする。バージョンアップ時には、PCをインターネットに接続しておく必要がある。所要時間はSC-04FとSC-02Gが約30分、SC-01Gが約39分だが、インストールしてあるアプリや設定によって前後することがある。

最終更新:8月25日(木)15時1分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]