ここから本文です

マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

レスポンス 8月25日(木)19時30分配信

マツダは、フラッグシップモデル『アテンザ』を商品改良し、8月25日より販売を開始した。

[関連写真]

今回の商品改良では、新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス」の第1弾となる「G-ベクタリング コントロール」を採用。ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールし、自然で滑らかな車両挙動を実現する。

また、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」については、エンジンのトルク応答をより緻密にコントロールする「DE精密過給制御」や、ノック音を抑制し、心地よいエンジンサウンドを追求した「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」などの最新技術を採用した。

さらに歩行者検知が可能になった「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」など、先進安全技術「i-アクティブセンス」も機能を充実させた。

価格は276万4800円から400万1400円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月25日(木)19時30分

レスポンス