ここから本文です

伊調馨、国民栄誉賞の声に恐縮「私はまだかな」

デイリースポーツ 8月25日(木)18時25分配信

 リオ五輪のレスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、五輪全競技を通じ女子個人では史上初の五輪4連覇を達成した伊調馨(32)が25日、所属するALSOK本社に、男子グレコローマンスタイル59キロ級で銀メダルの太田忍(22)と共に出社した。伊調の偉業に対し、国民栄誉賞授与の声が上がっていることに、「私はまだかな」と恐縮しながら謙遜していた。

【写真】伊調 進退は「考えられない」

 ALSOK社員300人から出迎えられた後、取材に応じた伊調は、国民栄誉賞の話題には「お任せすることなので。光栄ですけど…。(自分には)似合っていない気もします」と控え目だった。

 国民栄誉賞そのもののイメージとして、「記録とかじゃないと思う。勇気とか感動を与えられる人(がふさわしい)と思うので、私はまだかな」と語った。

 今後は14年に亡くなった母、トシさんの墓前に金メダルの報告をするほか、「疲れるまで遊びたい。日本中の遊園地で遊びたい」とリフレッシュするつもりでいる。

最終更新:8月26日(金)7時57分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]