ここから本文です

『戦国BASARA 真田幸村伝』がついに発売! 店頭イベントに小林裕幸Pが登場!

ファミ通.com 8/25(木) 21:22配信

文・取材:編集部 ででお、撮影:カメラマン 永山亘

●小林裕幸氏みずからがファンにソフトを手渡し!
 2016年8月25日、カプコンのプレイステーション4/プレイステーション3用『戦国BASARA 真田幸村伝』が発売日を迎えた。
 発売に合わせ、東京・SHIBUYA TSUTAYAにて発売記念イベントが開催。『戦国BASARA』シリーズプロデューサー・小林裕幸氏が店頭にてソフトを手渡しするほか、声優陣のサイン色紙などが当たる抽選会が行われた。
 店頭にファンが集まると、小林裕幸氏は「おかげさまで『戦国BASARA 真田幸村伝』の発売日を迎えることができました。いますぐ家に帰ってプレイしたい方も多いと思いますが、質問などにもお答えしますので、ぜひ抽選会も楽しんでください」とコメント。


●小林裕幸氏へのインタビュー
 ファンとの交流で忙しい小林裕幸氏へのインタビューを行った。長い開発期間を経て、無事に発売日を迎えた小林氏の心境は……?

――ついに発売日を迎えましたが、手応えはどのように感じられましたか?

小林裕幸氏(以下、小林) 本日、最初に買っていただいた男性の方は、開店時間まで2時間も待っていただいたそうで、「早く遊びたい!」という気持ちが伝わってきてうれしかったです。直接ファンと向き合えるのは、やっぱりいいものですね。

――今回は、男性ファンの姿もいつも以上に多いですね。

小林 今回は真田幸村や伊達政宗といった既存の武将の技をイチから作り直していたり、アクション面をかなり強化しています。そういった面を動画などでアピールしたことが、ファンの拡大につながったのではないかと思っています。

――これまでになかった新要素も多いですよね。

小林 “戦国BASARA 烈伝シリーズ”として、幸村中心のストーリーに見せかたを変えたことで、いつもの『戦国BASARA』とはひと味違う印象を受ける方が多いと思います。これまでの『戦国BASARA』よりもマジメ寄りの幸村にぜひ注目してプレイしてください。新武将の昌幸や信之、そして弁丸や梵天丸なども、これまでにないアクションを楽しめると思いますよ。ちなみに、1周クリアーした後は、全46武将から好きなキャラクターを選んで本編をプレイできますので、皆さんの思い入れの強い武将を使って遊んでください。弁丸でストーリー最後の“大坂夏の陣”までプレイして見た目で楽しんだり、本田忠勝で豪快に暴れたりといった、さまざまな遊びが楽しめると思います。

――何周もプレイすることで、長く楽しめそうですね。ほかの要素では“真田の試練”や“前談秘話”なども気になります。

小林 真田の試練も、かなり力を入れて作っています。全60戦あるのですが、1戦目からノーミスで進めないと59戦目で終わってしまいます。ぜひ何度もチャレンジして、全60戦クリアーを目指してください。また、前談秘話も、ステージによってはかなり難しいものもあるので、アクションの腕に自信のある方はこちらもプレイしてみてください。逆に、アクションが苦手な方はギャラリーモードで前談秘話のストーリーを追えますのでご安心を。ちなみに前談秘話にはない3つのお話も、音声ドラマで用意していますのでぜひ注目してください。

――盛りだくさんですね。小林さん的にいちばん注目してほしい部分はどこでしょうか?

小林 真田一族3人のそれぞれの関係や、彼らがどのように戦国の世を生きているのかを楽しんでもらえればと。幼少期からのライバル関係である政宗との物語も見どころです。

――最後に、発売日を迎えたいまのお気持ちをお聞かせください。

小林 シリーズも12年目に突入しました。新しい切り口で戦国の世を描いた『真田幸村伝』。これまでの『戦国BASARA』シリーズファンの方も、本作で初めてプレイされる方も楽しめる自信作なので、ぜひ多くの方にプレイしていただきたいと思います。よろしくお願いいたします!


戦国BASARA 真田幸村伝
メーカー:カプコン
対応機種:プレイステーション4 / プレイステーション3
発売日:2016年8月25日発売
価格:各6990円[税抜](各7549円[税込])
ジャンル:アクション / 歴史

最終更新:8/25(木) 21:22

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]