ここから本文です

強制徴用訴訟で三菱重工に賠償命令…1人当たり9000万ウォン(約810万円)の支払い命じる=韓国地裁

WoW!Korea 8月25日(木)16時31分配信

日本統治時代に強制徴用され過酷な労働を強いられたとして、韓国人14人が日本企業を相手に起こした訴訟で、裁判所は1人当たり9000万ウォン(約810万円)の支払いを命じる判決を下した。訴訟提起から3年2か月後のことだ。

 ソウル中央地裁民事合意47部(部長判事:チェ・ギサン)は25日、本人や遺族ら64人が日本の三菱重工を相手に14億ウォン(約1億2600万円)の損害賠償を求めた裁判で、「1人当たり9000万ウォンの支払いを命じる」として、原告の一部勝訴判決を下した。

 韓国人14人は太平洋戦争末期の1944年9月、日本に強制徴用され三菱重工業の広島の軍需工場で労働者として働いた。翌年8月、広島に原子爆弾が投下され、彼らは困難に陥りながらも韓国に戻った。しかし、長く後遺症に悩まされ、2013年7月、三菱重工業を相手に14億ウォン相当の損害賠償請求訴訟を提起した。

 彼らは裁判過程で三菱重工業が劣悪な環境で危険な労働をさせ、原爆被害当時は救護措置も取らないなど違法行為をおこなったと主張した。

最終更新:8月25日(木)16時31分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。