ここから本文です

駅が五輪博に!? 都営大江戸線に乗ってパラリンピックを体感

レスポンス 8月25日(木)21時45分配信

都営大江戸線の駅構内では、“東京2020パラリンピック競技大会開催4年前”の8月25日、パラリンピック競技の魅力を体感できる「NO LIMTIS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアム」をスタート。初日のきょう、小池百合子都知事らが現場に駆けつけた。

[関連写真]

NO LIMITS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアムは、東京2020パラリンピック競技大会で実施される、22競技の魅力を身近に体感できる特別展示。各駅では、それぞれの競技のグラフィックとキャッチコピー、ルール、「ここが見どころ!」などが掲出され、実物の器具やユニフォームなども展示されている。

タイトルにある「NO LIMITS CHALLENGE」は、パラリンピックの理念である「失われたものを数えるな、残された機能を最大限に活かせ」を表現した「NO LIMITS」と、参加型イベントであることを想起させたことば。

初日の都庁前駅でのイベントには、小池百合子都知事をはじめ、瀬立モニカ選手(パラリンピアン、カヌー)、谷真海(パラ、トライアスロン)、山脇康(日本パラリンピック委員会委員長)らが登壇。小池都知事は、「パラリンピックの成功なくして2020東京の成功なし」と意気込んだ。

大江戸線各駅の展示内容は、下記のとおり。

都庁前駅=総合展示(全22競技)、新宿駅=トライアスロン、代々木駅=ウィルチェアーラグビー、国立競技場駅=テコンドー、バドミントン、青山一丁目駅=車いすテニス、六本木駅=自転車競技、麻布十番駅=パワーリフティング、赤羽橋駅=ボート、大門駅=車椅子バスケットボール、汐留駅=射撃、月島駅=ゴールボール、門前仲町駅=陸上競技、清澄白河駅=カヌー、森下駅=車いすフェンシング、蔵前駅=シッティングバレーボール、新御徒町駅=ボッチャ、上野御徒町駅=卓球、春日駅=柔道、新宿西口駅=水泳、中野坂上駅=5人制サッカー、練馬駅=馬術、光が丘駅=アーチェリー

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:8月29日(月)15時16分

レスポンス