ここから本文です

慰安婦被害者に900万円 韓国政府「名誉回復のため」

聯合ニュース 8月25日(木)16時40分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は25日、旧日本軍の慰安婦被害者のうち、生存者に各1億ウォン(約900万円)、死亡者には遺族に各2000万ウォン程度の現金を支給する方針を決めたと明らかにした。

 慰安婦被害者支援のために韓国が設立した「和解・癒やし財団」に日本政府が拠出する10億円から支給されるもので、外交部は「慰安婦被害者の名誉と尊厳の回復、心の傷を癒すことが目的」だと説明した。

 また、現金は財団が対象者それぞれの需要を把握し、これを基に原則として分割支給するとも伝えた。

 現金支給とは別に進められる財団の事業については、慰安婦問題をめぐる昨年末の韓日合意を踏まえ、両国政府が適切と見なす範囲内で財団が決定すると説明した。

最終更新:8月25日(木)19時53分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。