ここから本文です

宮崎亮、敵地東京での世界戦へ「大阪にベルト持ち帰る」

デイリースポーツ 8月25日(木)19時51分配信

 「ボクシング・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」(31日、大田区総合体育館)

 同級1位で元WBA世界ミニマム級王者・宮崎亮(28)=井岡=が25日、大阪市内で3年ぶり世界戦に向け、練習を公開した。

 2階級制覇をかけ挑む王者・田口良一(29)=ワタナベ=は前日、4連続KOでV4防衛を宣言したが「ありがたい。してくれ、という感じ。返り討ちしますね」と“浪速の番長”節全開に挑発した。

 13年大みそかに計量失敗から惨敗。そこから大きく遠回りした。常に減量が心配される“問題児”ながら、世界となれば気合が違う。すでにあと2キロにまでこぎつけ、この日もマスボクシングで軽快な動きを披露した。

 「最後まで油断せずやることをやっていく。減量も何の問題もない。(状態は)100%を上回っている。上は無限大まで来ている。敵地はむしろ気合が入る。大阪にベルトを持って帰る」と力強かった。

 井岡一法会長は「チャンスを逃さないという気持ちが伝わってくる。かなりええ試合になる」と目を細めた。

最終更新:8月25日(木)21時8分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]