ここから本文です

朴大統領 リオ五輪選手団招き昼食会=健闘たたえる

聯合ニュース 8/25(木) 17:46配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は25日、リオデジャネイロ五輪に参加した選手や関係者を青瓦台(大統領府)に招き昼食会を開催した。

 朴大統領は「皆さんは勝敗よりも重要な価値である真のチャレンジ精神を国民に示してくれた」と述べ、選手たちをねぎらった。

 また、射撃男子50メートルピストルで金メダルを獲得し、五輪史上初となる同種目3連覇を達成した秦鍾午(チン・ジョンオ)選手や、フェンシング男子で金メダルを手にした朴相泳(パク・サンヨン)選手らの名前を挙げ、選手たちの活躍をたたえた。

 さらに、「政府は選手がより良い環境で練習できることはもちろん、引退後もより良い生活ができるよう積極的な支援を拡大していく」とした。

 2018年に韓国で開かれる平昌冬季五輪にも言及し、「韓国の底力と美しい文化を全世界に示す良い機会になる。政府は多くの大会運営の経験を基に最高の大会になるよう準備していく」と強調した。

最終更新:8/25(木) 19:56

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。