ここから本文です

Phono端子も付いたマルチなネットワークCDレシーバー、パイオニア「NC-50」登場

ITmedia LifeStyle 8月25日(木)16時24分配信

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは8月25日、スピーカーを接続するだけでCDやハイレゾ音源、ネットラジオなど多彩な音源を楽しめるネットワークCDレシーバー「NC-50」を発表した。価格は10万円(税別)で、9月中旬に発売する予定だ。

「e-onkyoダウンローダー」の使い方(画像は先日発表された「X-HM76」などの例)

 CDドライブやネットワークオーディオプレーヤー機能、AM/FMチューナー、ステレオアンプを一体型にした多機能レシーバー。DACチップにはESSの「SABRE32 Ultra DAC」を採用し、最大192kHz/24bitのハイレゾ音源をネットワーク経由あるいはUSB外付けHDDから再生することができる。「e-onkyoダウンローダー」機能により、スマホなどで購入したハイレゾ音源ファイルを外付けHDDにダウンロードすることも可能だ。さらにレコードプレーヤーを接続するためのPhono端子(MM)も備えるなど、多彩な音源に対応した。

 Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/nに準拠し、2.4GHz帯と5GHz帯を両方使用可能。TuneInやRadiko.jpでインターネットラジオが楽しめるほか、新たにGoogle Castにも対応したことで「Google Play Music」などのアプリをインストールしたスマートフォンなどからワイヤレスで楽曲再生が楽しめるという。さらにBluetoothも内蔵。A2DP接続時のコーデックはSBC/AACをサポートしている。

 アンプ部にはパワー素子に「Direct Power FET」を採用したクラスDアンプを搭載。出力は実用最大出力で各チャンネル50W。スピーカーの適応インピーダンスは4~16Ωとなっている。

 そのほかの入出力端子は、デジタル入力として光と同軸を各1系統装備。アナログ入力は2系統で、うち1系統はMMカートリッジ対応のPhono入力となっている。本体サイズは435(幅)×103(高さ)×333(奥行き)mm。重量は6.4kg。

最終更新:8月25日(木)16時24分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]