ここから本文です

広島 鈴木、菊池の適時打で反撃

デイリースポーツ 8月25日(木)20時27分配信

 「巨人-広島」(25日、東京ドーム)

 広島が3点ビハインドの七回、菊池涼介内野手(26)の左前適時打で反撃した。

 2死から田中が一塁戦を破る二塁打で出塁。この日3本目の安打でチャンスメークすると、続く菊池は代わったマシソンに対して1-1から3球目、真ん中低めのフォークを左前に運んだ。

 六回には2死二塁から鈴木が中前適時打。「追い込まれていたので、食らいついていきました」と振り返った。三回に4点を奪われる苦しい展開で、広島が中盤にジワリ差を詰めてきた。

最終更新:8月25日(木)20時52分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。