ここから本文です

4KプロジェクターでもHDRは楽しめる! JVC「DLA-X750R」が見せた映像設定の妙技

ITmedia LifeStyle 8月25日(木)16時25分配信

 テレビの国内出荷台数は4年連続で前年割れ、2016年度の出荷は490万台にとどまるという。しかし一方で、4Kテレビの実売数は好調に推移しているようだ。業界筋によると、昨年の65万台から今年は130万台へと倍増の見通しだそうで、金額構成比も全需の約6割まで伸長する見込みという。

JVCのサイトでHDRコンテンツの視聴に適した画質設定を公開している

 パーソナルルームではタブレットやPCでネットコンテンツなどを観て、リビングルームの大画面4Kテレビで地デジや「WOWOW」 「NETFLIX 4K」を楽しむというスタイルが定着しつつあることをこのデータは物語っているのだろう。また、これまで本欄でご紹介してきた通り、この春・夏に各社から発売された最新モデルの性能(画質・使い勝手)アップも著しく、まさに今が4K大画面テレビの買い時なのかもしれない。

 一方で100インチ以上の大画面でUltra HD Blu-rayなどの高画質メディアで映画を観たいという映画趣味人にとっては、劇場と同一スタイルのプロジェクター+スクリーンがそのターゲットになるわけだが、残念ながら昨年発売された4K対応プロジェクターでHDR (ハイダイナミックレンジ)の魅力をきちんと引き出せるモデルは存在していなかった。というか、家庭用4Kプロジェクターの最大輝度が1800lm(ルーメン)前後では、いずれにしてもHDRのよさを引き出すのは難しいのでは? という思いが個人的にはあった。

 しかし、Ultra HD Blu-rayの国内発売が開始された6月までに、JVC 、ソニーがそれぞれの4Kプロジェクターの最新モデルである「DLA-X750R」と「VPL-VW515」のHDRに対する最適画質設定ファームウェアを発表。それによって実際に得られる画質が著しく向上していることが確認でき、大いに驚かされた。とくにDLA-X750RのHDR画質の進化は目覚ましく、これなら安心してUltra HD Blu-rayなどのHDRコンテンツを楽しめると実感させられたのである。

 新たに設定されたDLA-X750Rの「HDRコンテンツ視聴設定」のポイントは2つある。1つがHDR対応ガンマである「ガンマD 」をUltra HD Blu-rayで運用されているHDR10用に最適化したこと(ピクチャートーン=12、明部補正=4、暗部補正=5、後述)、もう1つがBT.2020色域に対応したカラープロファイルの追加だ。

 まずJVCの開発陣は、発売されたUltra HD Blu-rayの映画ソフトを徹底的に精査したという。そこで得られた知見は、HDR10規格の最大輝度は、1万nits(1万カンデラ/平方メートル)と規定されているが、実際にはコンテンツの「輝度レベルの最大値」(Maximum Content Light Level)は100nitsでグレーディングされ、しかも「フレーム内平均輝度の最大値」(Maximum Frame Average Light Level)は400nits にすぎないということだった。

 そこでJVC開発陣は、「HDRコンテンツ視聴設定」の最大輝度を400nits と規定することにし、それに合せてガンマDの「ピクチャートーン」を12に設定した。この場合、400nits 以上の明るさの信号が入ってくると映像情報が飛んでしまうが、「明部補正」を4に設定してハイライトのガンマを寝かせることで明部階調を出せるようにした。

 先述のように、DLA-X750Rの明るさの最大値は1800 lmで、この値をnits換算すると、200nits前後となる(ゲイン1の100インチスクリーンに投写した場合)。その現実を考えると、最大輝度を400nitsに想定して画質を最適化していくのは、実に合理的な手法といっていいだろう。

 一方で、JVC開発陣は暗部階調について精査したところ、当初の設定値「0」では暗部が沈んでしまうことが分かり、さまざまなUltra HD Blu-ray映画ソフトを観て最適値を「5」にしたという。

 「HDR コンテンツ視聴設定」のもう1つのポイントが、BT.2020色域に対応させたカラープロファイルの追加だ。BT.2020色域に対応させるといっても、水銀ランプを光源とする本機で物体色のほぼすべて(99.9%)が表示可能なBT.2020をフルカバーすることなどとても無理だ。しかし、JVC開発陣がUltra HD Blu-rayの映画ソフトを精査して得た知見は、規格上の色域はBT.2020であっても、実際にはデジタルシネマで定められたDCI-P3色域の領域しか使われていないということだった。

 JVC 開発陣はこの事実に注目し、カラープロファイル「BT.2020」の設定においては入力信号を絶対値でリマッピングし、DCI-P3を超えた、つまり使われていない領域は表現しないことにしたという。これでオリジナルに忠実な色再現が可能になるというわけだ。

 ちなみに光学式のシネマフィルターを搭載したDLA-X750RはDCI-P3をフルカバーしているが、同フィルターのない弟モデル「DLA-X550R」の最大色域はsRGB相当となるようだ。

 実際にこの「HDRコンテンツ視聴設定」で、Ultra HD Blu-rayの超高画質映画ソフトである「レヴェナント:蘇えりし者」や「エクソダス:神と王」などを観てみたが、これが実に素晴らしかった。もともと黒の再現性に定評のあるDLA-X750Rだが、HDR最適画質に再チューニングされたことで、コントラスト表現がいっそう向上し、自発光の有機ELテレビやよくできたローカルディミング採用の液晶テレビのような白ピークの伸びや明部の色乗りのよさ、精妙な階調表現が実感でき、おおいに感心させられた。JVC開発陣の“映画を観る力”にまずは脱帽だ。

 とくに強い感銘を受けたのが、「レヴェナント:蘇えりし者」の”だった(収録は6.5K/6K 、マスターになるDIファイルは20世紀フォックス作品初の4K)。酷寒の地で繰り広げられる壮絶なサバイバル・ストーリーを雄渾な筆致で描いたこの作品は、特別なライティングをせず、自然光と有りものの光だけを用いたアベイラブルライト撮影が大きな特徴。すべてのシーンが一幅の泰西名画を思わせる美しい構図で捉えられ、DLA-X750Rはその光と影のダイナミックかつ繊細な対比を精妙に描き、4K&HDRの魅力を観る者に力強く伝えるのである。

 また、DLA-X750Rで観る本作のSN比のよさも驚愕の一言。オープニング・シーンの川面の輝きや朝靄の向こうに見える野牛のシルエットがうっとりするほど美しい。まさにタルコフスキー作品を彷彿させる静謐(せいひつ)な映像詩の趣だ。こんなに美しい映像は、コントラストの浅いデジタルシネマプロジェクターを用いたフルHD上映の映画館では絶対に楽しむことはできないだろう。

●HDRでスクリーンの選び方も変わる?

 このプロジェクターの画質をいくつかのスクリーンでチェックしてみたが、いちばんHDRらしいハイコントラスト感を実感させてくれたのは、ゲイン1.3のスチュワート「HD130」だった。筆者は自室で「何も足さない、何も引かない」を標榜したゲイン1.0のオーエス「ピュアマットIII Cinema」を使っているが、明るさが1800lm程度のプロジェクターでHDRコンテンツを観る場合は、やはり「美味しく足す」魅力を持ったスクリーンを使用するほうが好ましいようだ。

 ハイファイ映像を指向する筆者は、ゲイン1.0のマット・スクリーンに強い信頼感を抱いていたが、HDR時代を迎えてスクリーン・ゲインの考え方を改めたほうがいいのかもしれない。ゲイン1.7前後のビーズ・スクリーンなどでぜひHDRコンテンツの画質検証をやってみたいと思う。

 なお、ソニー「VPL-VW515」はJVCほど過激なHDR対応チューニングを行っていない。入力されるHDRコンテンツの最大輝度を1000nits に想定した画質設定で、色再現についてもRGBの色度点をBT.2020の相似形に近づけるというチューニング。JVCに比べて実にオーソドックスなアプローチだ。しかし、実際にUltra HD Blu-rayを観てどちらの画質にインパクトがあるかというと、やはりJVCということになる。

 付け加えると、エプソンからもHDR対応をうたった透過型液晶パネル採用の新製品「EH-TW8300」が発表された。あいにくまだこのモデルの画質チェックはできていないが、資料を読むと、HDRコンテンツに対して500nits、1000nits、4000nits、1万nitsという4種類のHDRモードを用意しているようだ(デフォルトは1000nits)。

 JVCやソニーの反射型液晶タイプに比べて、明るさが2500lmとやや余裕があり、1000nits設定でガンマ調整機能でハイライトの階調を追い込んでいけば、HDRらしいハイコントラスト映像が楽しめそうだ。ちなみに本機の映像モードを「デジタルシネマ」に設定しておけば、色域を広げる光学フィルターが機能し、デジタルシネマで定められた色域のDCI-P3をフルカバーできるようになる。

 そんなわけで、Ultra HD Blu-rayならではのHDRの魅力が堪能できるプロジェクターがこの秋には出そろいそうな雰囲気。ホームシアターの醍醐味はスクリーン大画面にありとお考えの映画ファン&AVマニアは、ぜひこれらのモデルにご注目いただきたいと思う。

最終更新:8月25日(木)16時25分

ITmedia LifeStyle