ここから本文です

「アカメが斬る!零」戸流ケイ描き下ろしメイド服姿のチェルシーがBG付録に

コミックナタリー 8月25日(木)18時43分配信

本日8月25日発売の月刊ビッグガンガンVol.09(スクウェア・エニックス)には、タカヒロ原作、戸流ケイ作画「アカメが斬る!零」が表紙に登場。特製ブックカバーも付属している。

【この記事の関連画像をもっと見る】

発売中の「アカメが斬る!零」単行本5巻に使用できる特製ブックカバー。戸流ケイ描き下ろしによる、メイド服姿のチェルシーがあしらわれた。

また今号では田中文による新連載「ソドムの市」が開幕。大正8年、幼い頃に声を失った少女・知弦(ちづる)と過保護な兄・馨(かおる)の周りでは、とある凄惨な殺人事件が立て続いていた。身近で起きている事件に今ひとつ現実感を持てずにいた知弦は、兄の友人である逢間(おうま)に好意を寄せながら、友人たちと楽しい毎日を過ごしていた。そんなある日、知弦の友人が事件に巻き込まれ……。愛故に堕ちていく、大正浪漫サイコサスペンスを一読してみては。

最終更新:8月25日(木)18時43分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。