ここから本文です

アメリカ版「リング」新作の予告公開 呪いのビデオ、予告の電話、口から髪の毛、サマラの恐怖ふたたび……

ねとらぼ 8月25日(木)21時10分配信

 ジャパニーズホラー代表映画「リング」のアメリカ版リメイク作品「ザ・リング」シリーズ新作のトレーラーが公開されました。1作目から13年後の物語を描いたこの「Rings」は、アメリカで10月28日に公開予定です。

【サマラが……!】

 トレーラーでは、テレビからサマラ(アメリカ版貞子)のものと思われる手が出てくるシーンや、「7 days……」と死の宣告をする電話、口から長い髪の毛が出てくるシーンなどが見られ、シリーズの続編であることを強く感じるものになっています。

 また、“呪いのビデオ”は年月が経ちVHSではなく、PC上で見るインスタントビデオのような形になって広まっているようです。

 監督は「アルマゲドン・パニック」のF・ハビエル・グティエレス氏で、ヒロイン役にマチルダ・ラッツさん、その恋人役にアレックス・ローさんが出演。

 「Rings」公式Twitterでは、背中に刻まれた大きな円の跡の写真がツイートされていたり、呪いのビデオの映像シーンが投稿されていたりと、期待と恐怖をあおる演出がなされています。

 現在のところ公式サイトのリリース日程に日本の情報はなく、公開は未定となっています。

最終更新:8月25日(木)21時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。