ここから本文です

富士フイルム、コンパクトなミラーレス一眼「FUJIFILM X-A3」を発表

ITmedia LifeStyle 8月25日(木)20時8分配信

 富士フイルムが8月25日、小型・軽量ボディが特徴のミラーレス一眼「FUJIFILM X-A3」を発表した。Xシリーズならではの絵作りや色再現を手軽に楽しめる製品だ。10月6日に販売開始予定で、価格はオープンプライス。「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II」がセットになったレンズキットは、直販サイトで8万460円(税込)で予約を受け付けている。ボディカラーはシルバー、ブラウン、ピンクの3色。

ボディカラーはシルバー、ブラウン、ピンク

 撮像素子は有効約2420万画素のAPS-CサイズのCMOSセンサーを搭載。独自の画像処理エンジンとの組み合わせで、特に富士フイルム製カメラで定評がある「肌色再現」にはX-A3でも力を入れ、高画質な人物撮影を可能にしているという。

 フィルムシミュレーション機能には、「PRO Neg.Hi」「PRO Neg. Std」といったポートレート撮影に適したモードが追加されているのもポイント。自然な色再現を実現する「PROVIA(スタンダード)」、鮮やかな色調が魅力の 「Velvia(ビビッド)」、軟らかい快調が特徴の「ASTIA(ソフト)」など、11種類のフィルムシミュレーションが利用できる。アート表現が手軽に楽しめるアドバンストフィルターには、「魚眼」「クロススクリーン」が追加されている。全10種類のフィルター効果が利用可能だ。

 背面の液晶モニターにはスライドチルト機構を備え、180度回転させることで自撮りにも対応可能。モニターを180度回転させると自動的に瞳にピントを合わせる瞳AFがオンになる。タッチパネルを備え、タッチAFや、ピントを合わせてシャッターを切る「タッチショット」、液晶モニターをピンチアウトすると最大2倍のデジタルズームができる「タッチズーム」も利用できる。

 グリップは自撮りの際にも持ちやすい形状を採用した。カメラ背面の右上に、シャッターボタンになる「垂直コマンドダイヤル」を備え、自撮りの際に人差し指でシャッターが押せるよう配慮している。セルフタイマー時には、スマイル、カップル、グループといったモードを設け、笑ったり、2人の体が近づいたり、設定した人数がフレームに収まったりすると、シャッターが切れるという便利な機能も備えた。

 このほか肌色の表現が美しい「新美肌モード」を搭載した。より美しい白さを表現し、明るいポートレート撮影ができる「美白処理」が追加されている。自撮り時にもこの美肌モードが適用できる。動画撮影機能はフルHD/60Pまで対応する。動画撮影時に電子式の手ブレ補正を利用することも可能だ。

 ボディは女性層に支持されているFUJIFILM X-A2のクラシカルなデザインを継承している。ダイヤル類にはアルミ素材を、ボディには質感を高めた革調シートを採用した。外形寸法は(幅)116.9 ×(奥行き)40.4×(高さ)66.9mmで、バッテリー、メモリーカードを合わせた重量は約339g。連続撮影可能枚数は約410枚となっている。

最終更新:8月25日(木)20時8分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]