ここから本文です

広島マジック18 一丸での逆転勝利に緒方監督「カープの野球ができた」

デイリースポーツ 8月25日(木)23時21分配信

 「巨人4-6広島」(25日、東京ドーム)

 広島が九回2死から、菊池涼介内野手(26)の同点打、丸佳浩外野手(27)の勝ち越し打で、両リーグトップ38度目の逆転勝ちを決めた。5カード連続の勝ち越しで、2位・巨人とのゲーム差は9。マジックは2つ減って「18」となった。

 1点ビハインドで迎えた最終回。巨人の守護神・沢村に対して、代打の松山が中前打でチャンスメーク。続く代打の西川が犠打で送ると、田中の二ゴロを挟んで2死三塁で菊池。追い込まれながら3球目、真ん中高めの151キロをフルスイングした。

 三塁線を襲った打球を、三塁・村田が好捕したが内野安打に。一塁にヘッドスライディングした菊池は、塁上で激しくガッツポーズした。7日の対戦(マツダ)でも1点差の九回、沢村から起死回生の同点弾。「走者が三塁にいたので、形はどうでもいいと思っていた。最後は執念」と、再びチームを救った。

 さらに続く丸は、3ボールから4球目。真ん中低めの148キロを狙うと、打球が右翼線を襲う。一走・菊池が快足を飛ばして、一気に勝ち越しのホームを踏んだ。「キクがよく走ってくれた。リードされても、1点ずつ返す野球がきょうもできた」と胸を張った。

 続く新井も中前適時打でつなぎ、この回一挙3点を奪った。新井はプロ野球史上41人目の1000得点に到達。2000安打、300本塁打に続き、節目の偉業を勝利で飾り「勝ち試合にしてくれてうれしい。みんなに感謝したいですね」と振り返った。

 残り25試合。緒方監督は「菊池と丸は最高の殊勲者かもしれない。ただ、チーム一丸となって、カープの野球ができた。コツコツと点を取っていった中で、最終回の攻撃につながった。先発の後を受けてリリーフ陣もよく投げてくれた」と、一丸での逆転勝利を称賛した。26日からは場所を名古屋に移して、中日との3連戦に挑む。指揮官は「選手は成長を感じながらね。あしたからも連戦が続く。プレーボールからゲームセットまで、しっかりと戦っていく」と次戦に気を引き締めた。

最終更新:8月26日(金)9時42分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報