ここから本文です

【F1】ヴェッテル、マイアミでのROCに参戦

ISM 8月25日(木)17時19分配信

 オフシーズン恒例のレース・オブ・チャンピオンズ(ROC)が2017年1月、アメリカで初めて開催されることになり、セバスチャン・ヴェッテルの参戦が発表された。

 ROCは、異なるレースカテゴリーのドライバーたちが、特別使用の車両を用いて特設サーキットで競い合うイベントだ。

 昨年のROCはロンドンのオリンピックスタジアムで開催され、今年はアメリカのマイアミが舞台となる。

 イベントは、メジャーリーグのマイアミ・マーリンズの本拠地、マーリンズ・パークで来年1月21日と22日の2日間にわたって行われ、ヴェッテルの他にインディカーのライアン・ハンターレイ、NASCARチャンピオンのカート・ブッシュらの参戦も決定している。

 ヴェッテルは「昨年、ロンドンのオリンピックスタジアムでレース・オブ・チャンピオンズの個人タイトルをついに獲得できて、本当に嬉しかった。マイアミでのイベントでタイトルを防衛するのが楽しみだよ」と語った。

 「ドライバー全員が強力で、NASCARやインディカーに参戦しているアメリカのトップドライバーたちは、今回初めてイベントが母国で開催されるため、ファンの前で優勝しようとさらにモチベーションを上げてくるだろう」

 ドライバーラインナップは今後、順次発表される予定だ。(情報提供:GP Update)

最終更新:8月25日(木)17時19分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。