ここから本文です

8月24日は“たこ虹の日”!たこやきレインボー、通天閣でリリースイベント

音楽ナタリー 8月25日(木)23時9分配信

たこやきレインボーが昨日8月24日、大阪・通天閣にてニューシングル「どっとjpジャパーン!」のリリースイベントを行った。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「どっとjpジャパーン!」の発売日でもあるこの日のイベントは通天閣地下1階のステージで行われた。冒頭に実施された公開インタビューで、メンバーは新作表題曲のテーマが「関西から日本、日本から世界へ」であること、歌詞の中に日本の食べ物や建物がたくさん登場することなどを説明。またミュージックビデオでは5人が世界各国のディーバに扮していること、TRFのDJ KOOが出演していることなどを明かしていった。

続いてステージに通天閣のシンボル・ビリケンさんが登場すると、ビリケンさんは5人に認定書を手渡した。これはたこ虹の面々が大阪の発展に多大な貢献をしたとして、8月24日を「たこ虹の日」に勝手に認定、表彰するというもの。笑顔でこの認定書を受け取ったメンバーは、元気に「どっとjpジャパーン!」を披露して会場を盛り上げていた。

最終更新:8月25日(木)23時9分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。